商品件数:85 1件~30件 (3ページ中 1ページめ)
1  2  3  [3] 次へ»
書楼弔堂 待宵
著者:京極夏彦
出版社: 集英社
発売日: 2023年01月06日
舞台は明治30年代後半。鄙びた甘酒屋を営む弥蔵のところに馴染み客の利吉がやって来て、坂下の鰻屋に徳富蘇峰が居て本屋を探しているという。 なんでも、甘酒屋のある坂を上った先に、古今東西のあらゆる本が揃う……続きを見る
価格:2,310円
レビュー件数:3 / 評価平均:★★★★★ (4.67) → レビューをチェック
今昔百鬼拾遺 月 【電子百鬼夜行】
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2020年09月15日
昭和29年春から夏にかけて続く怪事件。 「先祖代代、片倉の女は殺される定めだとか。しかも斬り殺されるんだという話でした」 昭和29年3月、駒沢野球場周辺で発生した連続通り魔・「昭和の辻斬り事件」。七人目の……続きを見る
価格:1,760円
レビュー件数:8 / 評価平均:★★★★ (4.0) → レビューをチェック
今昔百鬼拾遺 鬼 【電子百鬼夜行】
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2019年04月18日
「先祖代代、片倉の女は殺される定めだとか。しかも斬り殺されるんだという話でした」 昭和29年3月、駒沢野球場周辺で発生した連続通り魔・「昭和の辻斬り事件」。七人目の被害者・片倉ハル子は自らの死を予見す……続きを見る
価格:759円
レビュー件数:81 / 評価平均:★★★★ (3.82) → レビューをチェック
文庫版 書楼弔堂 炎昼
著者:京極夏彦
出版社: 集英社
発売日: 2020年01月10日
語は呪文。文は呪符。書物は呪具。足りぬ部分を埋めるのは、貴方様でございますーー。時は明治三十年代初頭。気鬱を晴らそうと人気のない道を歩きながら考えを巡らせていた塔子は、道中、松岡と田山と名乗る二人の……続きを見る
価格:1,001円
レビュー件数:23 / 評価平均:★★★★ (4.14) → レビューをチェック
ひどい民話を語る会
著者:京極 夏彦, 多田 克己, 村上 健司
出版社: KADOKAWA
発売日: 2022年10月28日
「囲炉裏端にはコンプライアンスもポリティカル・コレクトネスもないんです。そしてーー。ひどい民話が誕生するんです」京極夏彦(「はじめに」より)「桃太郎」の冒頭でお爺さんは柴刈りに、お婆さんは洗濯に行く……続きを見る
価格:1,650円
レビュー件数:10 / 評価平均:★★★★ (4.25) → レビューをチェック
今昔百鬼拾遺 天狗 【電子百鬼夜行】
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2019年07月12日
昭和29年8月、是枝美智栄は天狗伝説の残る高尾山中で消息を絶った。約2か月後、遠く離れた群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服を身にまとっていた。この謎に、旧弊な家に苦しめられて……続きを見る
価格:781円
巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2013年06月27日
怪異譚を蒐集するため諸国を巡る戯作者志望の青年・山岡百介は、雨宿りに寄った越後の山小屋で不思議な者たちと出会う。御行姿の男、垢抜けた女、初老の商人、そして、なにやら顔色の悪い僧ーー。長雨の一夜を、江……続きを見る
価格:682円
レビュー件数:236 / 評価平均:★★★★ (4.05) → レビューをチェック
怪と幽 vol.011 2022年9月
著者:京極 夏彦, 小野 不由美, 小松 和彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2022年08月31日
天才少年「悪魔くん」が悪魔の力を借りて、人類が平和に暮らせる理想郷「千年王国」を築き上げようと活躍する、水木しげる氏の傑作漫画『悪魔くん』。2023年にはNetflixで令和版アニメの公開が予定されていて注目……続きを見る
価格:1,980円
レビュー件数:1 → レビューをチェック
遠巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2021年07月02日
「遠野は化け物が集まんだ。咄だって、なんぼでも来る」盛岡藩筆頭家老にして遠野南部家当主の密命を受けた宇夫方祥五郎は、巷に流れる噂話を調べていた。郷が活気づく一方で、市場に流れる銭が不足し困窮する藩の……続きを見る
価格:2,530円
レビュー件数:33 / 評価平均:★★★★ (4.13) → レビューをチェック
文庫版 地獄の楽しみ方
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2022年03月15日
「あなたの世界」は言葉ひとつで変わってしまいます。    SNS炎上、対人トラブルーーあらゆる争いは言葉の行き違いから起きています。  言葉の罠にはまらないため、語彙を増やして使いこなすわざを身につけまし……続きを見る
価格:627円
レビュー件数:9 / 評価平均:★★★★ (3.75) → レビューをチェック
今昔百鬼拾遺 河童
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2019年05月24日
「そうですね。その河童がーー誰かと云うことです」「河童が誰かって、中禅寺さんあんた」 小山田は顔を顰めた。昭和29年、夏。複雑に蛇行する夷隅川水系に、次々と奇妙な水死体が浮かんだ。3体目発見の報せを……続きを見る
価格:836円
レビュー件数:73 / 評価平均:★★★★ (3.67) → レビューをチェック
ヒトごろし
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2018年09月21日
鬼と恐れられた新選組の副長・土方歳三。幼き日に目にした光景が忘れられず、「ヒトごろし」に囚われていく。怒濤の幕末を最凶の男が駆け抜ける! 続きを見る
価格:2,420円
虚談
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2021年10月21日
小説家の「僕」は、人からよく相談を受ける。ある同窓生は「13歳のときに死んだ妹が、年老い、中学の制服を着て現れた」と語った。だが僕の記憶と奇妙な食い違いがありーー。常識を覆す全9篇の連作集。 続きを見る
価格:748円
レビュー件数:11 / 評価平均:★★★★ (3.73) → レビューをチェック
文庫版 書楼弔堂 破曉
著者:京極夏彦
出版社: 集英社
発売日: 2016年12月22日
明治二十年代の半ば。雑木林と荒れ地ばかりの東京の外れで日々無為に過ごしていた高遠は、異様な書舗と巡りあう。本は墓のようなものだという主人が営む店の名は、書楼弔堂。古今東西の書物が集められたその店を、……続きを見る
価格:1,001円
レビュー件数:38 / 評価平均:★★★★ (3.93) → レビューをチェック
前巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2014年08月25日
江戸末期。双六売りの又市は損料屋「ゑんま屋」にひょんな事から流れ着く。この店、表はれっきとした物貸業、だが「損を埋める」裏の仕事も請け負っていた。若き又市が江戸に仕掛ける、百物語はじまりの物語。 続きを見る
価格:924円
レビュー件数:64 / 評価平均:★★★★ (4.36) → レビューをチェック
虚実妖怪百物語 序/破/急
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2018年12月22日
「目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」妖怪専門誌『怪』のアルバイト榎木津平太郎は、水木しげる氏の叫びを聞いた。だが逆に日本中で妖怪が目撃され始める。魔人・加藤保憲らしき男も現れ……。※本書は……続きを見る
価格:1,980円
レビュー件数:12 / 評価平均:★★★★ (4.18) → レビューをチェック
文庫版 オジいサン
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2019年12月24日
益子徳一(72)は独り暮らし。誰かに「オジいサン」と優しく呼ばれたことを思い出したり、ゴミの分別で悩んだり、調子に乗って妙な料理を作ったり。あるがままに生きる徳一の、ささやかであたたかな一週間 続きを見る
価格:836円
レビュー件数:9 / 評価平均:★★★★ (3.75) → レビューをチェック
文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2018年12月14日
牧野葉月にとって携帯端末(モニタ)こそが世界の総てだった。何もかもが管理された無味無臭なはずの世界で、血生臭い連続殺人が少女たちを脅かす。行方不明の同級生・祐子に忍び寄る“狼”の影──。百鬼夜行シリーズ……続きを見る
価格:1,430円
レビュー件数:6 / 評価平均:★★★ (3.0) → レビューをチェック
文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2018年12月14日
前回事件の被害者・来生律子の許を訪れた作倉雛子は、小壜に入った毒を託し、姿を消した。相次ぐ殺傷事件と三十数年前の一家惨殺事件との奇妙な符合。少女たちは再び動き出す。戦慄の近未来ミステリ。 続きを見る
価格:1,540円
レビュー件数:4 / 評価平均:★★★★ (3.5) → レビューをチェック
怪と幽 vol.009 2022年1月
著者:京極 夏彦, 有栖川 有栖, 恒川 光太郎
出版社: KADOKAWA
発売日: 2021年12月21日
「怪と幽」9号では「家」を特集!「ステイホーム」が呼びかけられ、家で過ごす時間が増えました。本来なら心休まる場所である「家」でナニかが起きたら……憩いの場は一転して、恐怖の牢獄へと変貌することでしょう……続きを見る
価格:1,980円
西巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2014年08月25日
人が生きて行くには痛みが伴う。そして、人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。 続きを見る
価格:880円
レビュー件数:39 / 評価平均:★★★★ (4.27) → レビューをチェック
旧談
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2016年01月25日
夜道にうずくまる者、便所から二十年出てこない男、狐に相談した幽霊、猫になった母親など、江戸時代の旗本・根岸鎮衛が聞き集めた随筆集『耳袋』から、怪しい話、奇妙な話を京極夏彦が現代風に書き改める。※本書……続きを見る
価格:660円
レビュー件数:10 / 評価平均:★★★★ (4.0) → レビューをチェック
怪と幽 vol.010 2022年5月
著者:京極 夏彦, 有栖川 有栖, 貴志 祐介
出版社: KADOKAWA
発売日: 2022年04月25日
太古より人々の営みは呪(しゅ)とともにあった。縄文時代の遺跡からは無数の呪具が出土し、記紀をはじめ古代の書物には呪詛が溢れ、陰陽師たちの占いは政治に絶大なる影響を及ぼした。呪術はファンタジー世界の魔……続きを見る
価格:1,980円
ヒトでなし 金剛界の章
著者:京極夏彦
出版社: 講談社
発売日: 2019年04月18日
俺は、ヒトでなしなんだそうだ。娘を亡くし、職も失い、妻にも捨てられた。家も財産もなくし、無一文になった男のもとへ一人また一人と破綻者たちが吸い寄せられる。借金まみれの旧友、自殺を図る女、殺人犯──。求……続きを見る
価格:1,089円
後巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2014年08月25日
文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作らは、ある伝説の真偽を確かめるべく隠居老人・一白翁を訪ねた。翁は静かに、今は亡き者どもの話を語り始める。第130回直木賞受賞作。妖怪時代小説の金字塔! 続きを見る
価格:924円
レビュー件数:79 / 評価平均:★★★★ (4.28) → レビューをチェック
怪と幽 vol.008 2021年9月
著者:楳図 かずお, 京極 夏彦, 有栖川 有栖
出版社: KADOKAWA
発売日: 2021年08月30日
唯一無二のホラー漫画家・楳図かずおを特集!「恐怖漫画」の第一人者として他の追随を許さない漫画家・楳図かずおは、一九五五年に貸本漫画家としてデビューする。六一年に短篇「口が耳までさける時」を発表して以……続きを見る
価格:1,980円
鬼談
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2018年02月24日
愛、絆、情、欲。執着の虜となった者たちを描く、京極小説の神髄!藩の剣術指南役を仰せつかる桐生家に生まれた作之進には、右腕がない。物心付いた時には、もうなかったのだ。二の腕の途中から、すっぱりとない。……続きを見る
価格:616円
レビュー件数:10 / 評価平均:★★★★ (3.75) → レビューをチェック
続巷説百物語
著者:京極 夏彦
出版社: KADOKAWA
発売日: 2014年08月25日
不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。 続きを見る
価格:924円
レビュー件数:105 / 評価平均:★★★★ (4.29) → レビューをチェック
怪と幽 vol.005 2020年9月
著者:京極 夏彦, 有栖川 有栖, 恒川 光太郎
出版社: KADOKAWA
発売日: 2020年08月31日
妖怪や怪談を愛する偉大なる先達らが拓いた地平には、いまや幅広い分野から猛者が合流しつつあります。そこに新鋭やベテラン、学会や在野などといった垣根は関係ありません。第一特集では研究書からアンソロジーま……続きを見る
価格:1,980円
怪と幽 vol.007 2021年5月
著者:京極 夏彦, 有栖川 有栖, 恒川 光太郎
出版社: KADOKAWA
発売日: 2021年04月27日
民話ーー昔話、伝説、世間話といった語り伝えられる物語は、いまも私たちの暮らしの中に息づいている。明治から昭和にかけて、柳田國男をはじめとする民俗学者たちによって聴き集められた「話」は、一九七〇年代に……続きを見る
価格:1,980円
1  2  3  [3] 次へ»

No results found

ID: -
| | 品名が | |
[画像 ] [自動改行対策
楽天アフィリエイト リンク作成 (複数商品も一発で!!)