商品件数:9 1件~9件 (1ページ中 1ページめ)
起業の天才!
著者:大西康之
出版社: 東洋経済新報社
発売日: 2021年01月23日
【ジェフ・ベゾスは、このヤバい日本人の「部下」だった】 かつて日本には、「起業の天才」がいた。 リクルート創業者、江副浩正。 インターネット時代を予見し、社員のモチベーションを巧みに鼓舞した 彼がつくろ……続きを見る
価格:2,200円
レビュー件数:44 / 評価平均:★★★★★ (4.62) → レビューをチェック
GAFAM vs. 中国Big4 デジタルキングダムを制するのは誰か?
著者:大西康之
出版社: 文藝春秋
発売日: 2021年03月25日
世界の覇権をめぐり、アメリカと中国は今や、抜き差しならぬ関係にあります。特に両国の企業間では、熾烈な争いが繰り広げられています。 2018年12月、中国ファーウェイの副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟が……続きを見る
価格:1,500円
レビュー件数:1 → レビューをチェック
東芝 原子力敗戦
著者:大西康之
出版社: 文藝春秋
発売日: 2017年06月28日
身も心も会社にささげる「サラリーマン全体主義」が企業を滅ぼす。 「東芝原子力事業の暴走と、それを糊塗するためにほぼ全事業部で行われた粉飾には、何千人もの東芝社員が関わった。(中略)まさに「滅私奉公」……続きを見る
価格:1,324円
レビュー件数:14 / 評価平均:★★★★ (4.08) → レビューをチェック
東芝解体 電機メーカーが消える日
著者:大西康之
出版社: 講談社
発売日: 2017年05月17日
巨大な負債を抱え、会社解体の危機に喘ぐ東芝ーーいや、東芝だけではない。かつて日本企業を代表する存在だった総合電機が軒並み苦境に陥っている。東芝・ソニー・日立ほか大手8社の歴史や経営を詳細に分析するこ……続きを見る
価格:825円
レビュー件数:33 / 評価平均:★★★★ (3.86) → レビューをチェック
稲盛和夫 最後の闘い
著者:大西康之
出版社: 日経BP
発売日: 2013年10月04日
官僚的で大嫌いだったJAL。「2次破綻もありうる」と懸念されていた同社の再建をなぜ稲盛和夫は引き受けたのか。経営者としての最後の闘いを京セラ創業やDDI時代のエピソードも交えドキュメント仕立てで描く……続きを見る
価格:1,362円
レビュー件数:48 / 評価平均:★★★★ (4.27) → レビューをチェック
ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦
著者:大西康之
出版社: 日経BP
発売日: 2014年11月21日
流通総額2兆円。次なる相手は米IT業界の新たなカリスマと目されるアマゾンのベゾスだ。企業家、三木谷の大勝負が始まる。ネット世界一を掲げる同氏の格闘を描いたルポルタージュ。日経新聞連載をもとに大幅加筆……続きを見る
価格:1,760円
レビュー件数:10 / 評価平均:★★★ (3.38) → レビューをチェック
日野原重明先生の生き方教室
著者:日野原 重明, 大西 康之
出版社: 日経BP社
発売日: 2016年04月28日
104歳の現役医師、日野原重明先生。100歳を越えても挑戦し続ける力はどこから来るのか?これからの人生を朗らかに生き、働くためのバイブル生き方に迷い、何かに追われて、こころも体もへとへとになっている現代人……続きを見る
価格:1,540円
レビュー件数:1 / 評価平均:★★★★ (4.0) → レビューをチェック
ロケット・ササキージョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正ー(新潮文庫)
著者:大西康之
出版社: 新潮社
発売日: 2019年09月20日
敗戦から高度成長期にかけて、デジタル産業の黎明期に、常に世界の最先端を突っ走ったスーパー・サラリーマンがいた。シャープの技術トップとして、トランジスタからLSI、液晶パネルと当時のハイテクを導入して苛……続きを見る
価格:572円
レビュー件数:8 / 評価平均:★★★★ (4.38) → レビューをチェック
会社が消えた日
著者:大西康之
出版社: 日経BP社
発売日: 2014年07月11日
新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。その後、携帯電話、デジ……続きを見る
価格:1,760円
レビュー件数:50 / 評価平均:★★★★ (4.03) → レビューをチェック

No results found

ID: -
| | 品名が | |
[画像 ] [自動改行対策
楽天アフィリエイト リンク作成 (複数商品も一発で!!)